恋のゴンドラ

★★★★★ この恋の行方は、天国か地獄か。怒濤の連続どんでん返し! 恋のゴンドラ実業之日本社 2016-11-01 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by 秘密の乙女と海の覇者 恋の波はゴンドラとともに (講談社X文庫ホワイトハート)講談社貴嶋啓ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 【新品】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪煙チェイス

★★★★★ 殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。 彼のアリバイを証明できる唯一の人物―正体不明の美人スノーボーダーを捜しに、竜実は日本屈指のスキー場に向かった。 それを追うのは「本庁より先に捕らえろ」と命じられた所轄の刑事・小杉。 村の人々も巻き込み、広大なゲレンデを舞台に予測不能のチェイスが始まる! どんでん返し連続の痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

往復書簡 / 湊かなえ

★★★★☆ 高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子六人に会いに行く。六人と先生は二十年前の不幸な事故で繋がっていた。それぞれの空白を手紙で報告する敦史だったが、六人目となかなか会う事ができない(「二十年後の宿題」)。過去の「事件」の真相が、手紙のやりとりで明かされる。感動と驚きに満ちた、書簡形式の連作ミステリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融探偵 / 池井戸潤

★★★★☆ 失業中の元銀行員・大原次郎は、再就職活動中に金融絡みの難題について相談を受けた。これまでの経験と知識を生かし、怪事件を鮮やかに解決していく。出納記録だけの謎めいたノートの持ち主を推理するスリル満点の「誰のノート?」他全七篇。ミステリー連作集。 雨の昼下がり、大原次郎は和装の女性を車で跳ねてしまう。急いで病院に運ぶが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告白 / 湊かなえ

★★★★★ 「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女 / 湊かなえ

★★★★★ 親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考える。ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (後) / 富野由悠季

★★★★☆ シャアを慕い、ネオ・ジオンへと身を寄せたクェスはサイコミュを搭載したヤクト・ドーガで、ロンド・ベルの前に立ちはだかる。そしてアクシズを地球へと落とすシャアは、サザビーでアムロのνガンダムとの最終決戦に挑む!星野之宣のイラストも見どころのオリジナル版文庫シリーズ、遂に完結。 機動戦士ガンダム逆襲のシャア〈後篇〉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (中) / 富野由悠季

★★★★☆ ’88年3月12日全国松竹系公開映画、逆襲のシャア原作。 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア〈中篇〉 (アニメージュ文庫)徳間書店 富野 由悠季 Amazonアソシエイト by ガンダム 逆襲のシャア ジッポライター  Vガンダム ファンネル雑貨max■商品説明→ガンダム 逆襲のシャア ジッポライター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (前) / 富野由悠季

★★★★☆ 地球連邦軍のロンド・ベルに身を置くアムロは、スイート・ウォーターで黒いモビルスーツに襲われる。その背後にはシャアの影が…。劇場公開に先立ち、アニメージュ本誌で連載されていた劇場アニメ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の小説版。星野之宣のイラストも見どころのオリジナル版文庫が遂に復刊。 アニメ雑誌『アニメージュ』(徳間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かばん屋の相続 / 池井戸潤

★★★★☆ 池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。残された二人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、「相続を放棄しろ」と語り、遺言には会社の株全てを大手銀行に勤めていた長男に譲ると書かれていた。乗り込んできた長男と対峙する小倉太郎。父の想いはどこに?表題作他五編収録。 「手形の行方」「芥のごとく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七つの会議 / 池井戸潤

★★★★★ この会社でいま、何かが起きている―。 トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ"で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。 いったい、坂戸と八角の間に何があったのか? パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子高生ちえのMBA日記 / 甲斐莊正晃

★★★★★ 「会社で働くなら、これくらいは知らなくちゃね!」楽しめながら、ためになる。会社がわかる人間関係もわかる。話題の「ケーススタディ」ビジネス・ノベルス。 女子高生ちえのMBA日記 ― 社長だもん、もっと勉強しなきゃ!! (女子高生ちえの社長日記)プレジデント社 甲斐莊 正晃 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄の骨 / 池井戸潤

★★★★★ 会社がヤバい。彼女とヤバい。 次の地下鉄工事、何としても取って来い。――「談合」してもいいんですか? 中堅ゼネコン・一松組の若手、富島平太が異動した先は“談合課”と揶揄される、大口公共事業の受注部署だった。今度の地下鉄工事を取らないと、ウチが傾く――技術力を武器に真正面から入札に挑もうとする平太らの前に、「談合」の壁が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民王 / 池井戸潤

★★★★★ 夢かうつつか、新手のテロか? 総理と息子の非常事態が発生--。 「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。目をさましやがれ! 」漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。 総理の父とドラ息子が見つけた真実のカケラとは!? 謎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空飛ぶ広報室 / 有川浩

★★★★☆ 不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット空井大祐29歳が転勤した先は防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室。待ち受けるのは、ミーハー室長の鷺坂(またの名を詐欺師鷺坂)をはじめ、尻を掻く紅一点のべらんめえ美人・柚木や、鷺坂ファンクラブ1号で「風紀委員by柚木」の槙博己、鷺坂ファンクラブ2号の気儘なオレ様・片山、ベテラン広報官で空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下町ロケット / 池井戸潤

★★★★★ 主人公・佃航平は宇宙工学研究の道をあきらめ、東京都大田区にある実家の佃製作所を継いでいたが、突然の取引停止、さらに特許侵害の疑いで訴えられるなど、大企業に翻弄され、会社は倒産の危機に瀕していた。 一方、政府から大型ロケットの製造開発を委託されていた帝国重工では、百億円を投じて新型水素エンジンを開発。しかし、世界最先端の技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーズヴェルト・ゲーム / 池井戸潤

★★★★★ 大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが―社長が、選手が、監督が、技術者が、それぞれの人生とプライドをかけて挑む奇跡の大逆転とは。 <<概要>…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法使いと刑事たちの夏 / 東川篤哉

★★★☆☆ また殺人事件?犯人が誰か、魔法で教えてあげる!八王子署のエース、小山田刑事の秘密。それは―自宅に魔法使いが棲んでいること。目指せ逮捕!今回の愉快な犯人たち。タレントの密会写真をもみ消そうとする、芸能事務所社長、手抜き工事された恨みを晴らしたい建築士、生活苦にあえぎ、親戚の遺産を狙う推理作家、テナントビルから追い出された、紳…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

おれたち花のバブル組 / 池井戸潤

★★★★☆ 「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。 『オレたちバブル入行組』に続く半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾風ロンド / 東野圭吾

★★★★☆ 強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。場所を知りたければ3億円を支払え―そう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、とあるスキー場に向かった。頼みの綱は目印のテディベア。だが予想外の出来事が、次々と彼等を襲う。ラスト1頁まで気が抜けな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more