七つの会議 / 池井戸潤

★★★★★
この会社でいま、何かが起きている―。
トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ"で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。
いったい、坂戸と八角の間に何があったのか? パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、原島であった。
どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電とその取引先を舞台に繰り広げられる生きるための戦い。だが、そこには誰も知らない秘密があった。
「夢は捨てろ。会社のために、魂を売れ」「僕はどこで人生を間違えてしまったのだろうか」……筋書きのない会議(ドラマ)がいま、始まる。 “働くこと”の意味に迫る、クライム・ノベル。

<<あらすじ>>
一部上場企業の子会社である中堅の電機メーカー・東京建電。会議の中で役職や職種の違う平凡な社員たちの不作為が作り上げていく不祥事。社員たちは立場の違いから異なる方法でそれに対峙し、不祥事の全容が明らかになっていく。


七つの会議
日本経済新聞出版社
池井戸 潤
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 七つの会議 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






わたしたちの湖沼会議—市民・NGOの目に映った湖沼会議
サンライズ出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by わたしたちの湖沼会議—市民・NGOの目に映った湖沼会議 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック