星の本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 白夜行 / 東野圭吾

<<   作成日時 : 2012/09/27 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★★★★★
19年前の大阪の質屋殺し。迷宮入りしたこの事件に関係した少年と少女が歩んだ道は…。絶望の白い光の中、魂の荒野を行く男と女を、叙事詩的スケールで描く傑作ミステリー長篇。 (解説・馳 星周)

前作「秘密」で、温かくて切ない物語を紡いだ東野圭吾が、今回は読む者の心を冷え冷えと切なくさせる。 1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。最後に被害者と会った女がガス中毒死して、事件は迷宮入りする。物語の主人公は、質屋の息子と女の娘だ。当時小学生だった二人が成長し、社会で“活躍”するようになるまでを、世相とともに描ききる。2人の人生は順風満帆ではなく、次々忌まわしい事件が降りかかる……。当然ミステリーだから謎が隠されているわけだが、真相は途中で暗示されてしまう。しかし謎の存在などどうでもよくなるほどのスケールの大きさが読後に残る。(石飛徳樹)

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。

つねに悪のふきだまりを生きてきた男と、理知的な顔だちで男たちを惹きつけ、関わった人間を不幸にしてしまう女…。幼くして冥い運命の扉を叩いた男と女の軌跡を、18年前の質屋殺しを執拗に追う老刑事の執念に絡めて描く。


『白夜行』(びゃくやこう)は、東野圭吾の小説。集英社「小説すばる」1997年1月号から1999年1月号に連載され、1999年8月に刊行され、ベストセラーになったミステリ長篇である。


<<あらすじ>>
19年前(1973年)、大阪で起きた質屋殺し。何人もの容疑者が捜査線上に浮かぶが、決定的な証拠がないまま事件は迷宮入りに。被害者の息子・桐原亮司と容疑者の娘・西本雪穂は、その後別々の人生を歩んでいくかに見えた。だが、二人の周囲には不可解な凶悪犯罪が次々と起きる…。人の心を失った故の悲劇を、叙事詩的スケールで描いている。

<<特徴>>
1973年から1992年までの19年の年月を、多くの人物からの視点や、伏線を用いて描いていく長編小説。主人公の心理描写をなるべく排している。

<<登場人物>>
桐原亮司(きりはら りょうじ)
  19年前の事件の被害者の息子。幼少の頃から暗く沈んだ瞳に感情のない顔をしていた。極端に人と交わることもなかったが、学生時代に主婦売春の斡旋やゲームソフトの偽造に乗り出すなど裏稼業を歩む。切れ者であると同時にソフトウェアの知識はプロ級。年代もののはさみを愛用し、切り絵を作るのが得意であった。

唐沢(西本)雪穂(からさわ(にしもと) ゆきほ)
  19年前の事件の加害者の娘。並外れた美貌を持った少女。小学生時代は貧しい暮らしをしており、質屋殺しの容疑者に母親がリストアップされた後、その母親を事故で亡くす。その後唐沢家の養女となり、学業や礼儀作法を身に着けてゆく。成績は優秀であったがそれゆえ、妬みも多くあった。そして、彼女にかかわる人物は必ず不幸に遭ってしまう。

笹垣潤三(ささがき じゅんぞう)
  大阪府警・捜査一課所属。事件を担当する中で、亮司と雪穂の周りで起きる謎の出来事に疑念を持ち、2人を追い続けていく。セブンスターをたしなむ。

古賀久志(こが ひさし)
  大阪府警・捜査一課所属。笹垣とともに本件を捜査。その後、エリートコースを歩む。笹垣とは同僚であると同時に親戚関係でもある。

桐原洋介(きりはら ようすけ)
  質屋「きりはら」主人で亮司の父。事件の被害者。息子をよくかわいがっていた一方でとある性癖を持っていた。

桐原弥生子(きりはら やえこ)
  亮司の母。洋介の死後、質屋の経営に行き詰まり、喫茶店経営に失敗しスナックを開いて生計を立てている。亮司に母親らしいことができなかったことを自覚している。

松浦勇(まつうら いさむ)
  「きりはら」店長。質屋を切り盛りし桐原家の内情を知る男。その後、ゲームソフトの海賊版のブローカーとして暗躍、亮司に接近する。

西本文代(にしもと ふみよ)
  雪穂の生みの母。容疑者にリストアップされた直後に自宅でガス中毒事故で死亡した。しかし、実際は…。

唐沢礼子(からさわ れいこ)
  雪穂の親類。後に雪穂を養女として引き取り、作法を厳しく教えていく。

秋吉雄一(あきよし ゆういち)
  亮司中学時代の同級生。雪穂の隠し撮りをしていた。

菊池文彦(きくち ふみひこ)
  亮司中学時代の同級生。亮司の母・弥生子の秘密の写真を持っていたが、その後、とある事件の犯人に仕立て上げられる。

藤村都子(ふじむら みやこ)
  中学時代、人気のあった雪穂に嫉妬しあらぬうわさなどを立てていたが、自らに起きたある事件をきっかけに雪穂と和解する。

川島(手塚)江利子(かわしま(てづか) えりこ)
  中学からの雪穂の親友。才媛である雪穂に引かれ、行動を共にする。大学で同じクラブの男性と恋仲になるが、その直後に残忍な出来事に巻き込まれる。

園村友彦(そのむら ともひこ)
  亮司高校時代からの同級生。亮司が仕掛けた売春パーティーで知り合った主婦と体の関係を持った結果、トラブルに出くわす。しかし、亮司の取り計らいで窮地を脱してからは彼に恩義を感じ、裏稼業を手伝うことになる。独学でプログラムを学んでいた。

西口奈美江(にしぐち なみえ)
  大手銀行員。売春パーティーに出席した人物の一人。当初自分に合わないとその場から逃げ出すが亮司の策によって、偽ソフト製造の経理を担当する。付き合っている男に金を貢ぐあまり、悪事に手を染めることに。

中道正晴(なかみち まさはる)
  大学生。家庭教師のアルバイトで唐沢家に足を運ぶうち、教えている雪穂に恋心を抱く。しかし、雪穂の出生の秘密を探るうちに疑念を持つようになる。仲間内ではゲームプログラムを作っていたが、その作品を亮司によって盗まれてしまう。

篠塚一成(しのづか かずなり)
  大手製薬会社の御曹司。大学時代にソシアルダンス部長を務めていた。入部してきた雪穂を初めてみたときから底知れぬ恐れを感じ、後にその動向を調査するようになる。一方で江利子に好意を持っていたが、ある事件で関係は途切れてしまう。

倉橋香苗(くらはし かなえ)
  ソシアルダンス部所属で一成の恋人。他の女性を敵視する。

高宮誠(たかみや まこと)
  電気部品製造会社所属。ダンス部時代に雪穂と知り合い、やがて婚約。しかし、結婚後は雪穂に振り回され、ひそかに他の女性に好意を寄せてしまう。

三沢千都留(みさわ ちづる)
  派遣社員。誠と仕事をしていた際、憧れを抱くようになる。しかし…。

中嶋弘恵
  亮司のPCショップで働いていた。バイト先で友彦と知り合い、恋仲になる。

今枝直巳(いまえだ なおみ)
  探偵事務所経営。一成からの依頼で雪穂の調査を行う。やがて、雪穂の出生の秘密から亮司との関係に迫るのだが…。

菅原絵里(すがわら えり)
  専門学校生。居酒屋でアルバイトをする傍らで今枝の仕事を手伝い、好意を寄せる。

栗原典子(くりはら のりこ)
  薬剤師。ソフト会社に勤めていた「秋吉雄一」を名乗る人物と付き合っていた。

篠塚康晴(しのづか やすはる)
  製薬会社常務。前妻は事故で亡くなっている。雪穂に思いを寄せ、婚約を決意。そのことに反対する一成に対して左遷を断行する。

篠塚美佳(しのづか みか)
  康晴の前妻の娘。雪穂を毛嫌いしている。



印象に残った言葉

ハゼはエビのそばにおると相場が決まっています。



白夜行 (集英社文庫)
集英社
東野 圭吾

Amazonアソシエイト by 白夜行 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






【中古】afb 翡翠の雫 緋色の欠片2 新ドラマCD /(ドラマCD),野島健児(重森晶),石田彰(壬生克彦),成瀬誠(壬生小太郎),浜田賢二(天野亮司),伊藤健太郎(高千穂陸),千葉
ブックオフオンライン楽天市場店
(ドラマCD),野島健児(重森晶),石田彰(壬生克彦),成瀬誠(壬生小太郎),浜田賢二(天野亮司),

楽天市場 by 【中古】afb 翡翠の雫 緋色の欠片2 新ドラマCD /(ドラマCD),野島健児(重森晶),石田彰(壬生克彦),成瀬誠(壬生小太郎),浜田賢二(天野亮司),伊藤健太郎(高千穂陸),千葉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【中古】 翡翠の雫 緋色の欠片2 新ドラマCD /(ドラマCD),野島健児(重森晶),石田彰(壬生克彦),成瀬誠(壬生小太郎),浜田賢二(天野亮司),伊藤健太郎(高千穂陸),千葉 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
(ドラマCD),野島健児(重森晶),石田彰(壬生克彦),成瀬誠(壬生小太郎),浜田賢二(天野亮司),

楽天市場 by 【中古】 翡翠の雫 緋色の欠片2 新ドラマCD /(ドラマCD),野島健児(重森晶),石田彰(壬生克彦),成瀬誠(壬生小太郎),浜田賢二(天野亮司),伊藤健太郎(高千穂陸),千葉 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白夜行 / 東野圭吾 星の本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる